ゼミナール

「住めば都」ゼミナール

当ゼミナールの助手わたなべです。旅、 ひと、 まち、が大好きなわたしが日本全国、独自のまちおこしや開発によりいま輝いている「元気なまち」と日本全国、さまざまな場所で個性的に暮らす魅力的なひとを訪ねます。

そのまちで暮らすのは、なぜ?

「わたしの居場所」

interview

  • 北御門 裕一さん
    ×
    「漬蔵たぞう」

    2017年4月3日更新

    人には誰しも自分の「居場所」があります。
    その人ならではの居場所を訪ね、そこに詰まった思いや、そこが大事な居場所になるまでの物語を聞いてみましょう。

    続きを見る

  • 内田 卓さん
    ×
    「地域リビング プラス ワン」

    2016年10月3日更新

    人には誰しも自分の「居場所」があります。
    その人ならではの居場所を訪ね、そこに詰まった思いや、そこが大事な居場所になるまでの物語を聞いてみましょう。

    続きを見る

  • 中西悦子さん(サックス奏者)
    ×
    神戸・塩屋(兵庫県)

    2016年6月1日更新

    縁あってある土地に巡り合い、自分らしく暮らしている。そんな人を訪ねて、その土地の魅力や生活、日々の思いを聞いてみます。

    続きを見る

  • 蓮井祥子さん(呉服店女将)
    ×
    高松(香川県)

    2016年3月18日更新

    縁あってある土地に巡り合い、自分らしく暮らしている。そんな人を訪ねて、その土地の魅力や生活、日々の思いを聞いてみます。

    続きを見る

  • 西沢康子さん
    ×
    二拠点居住(東京・千葉)

    2015年12月25日更新

    縁あってある土地に巡り合い、自分らしく暮らしている。そんな人を訪ねて、その土地の魅力や生活、日々の思いを聞いてみます。

    続きを見る

  • ピーター・ハーモンさん(陶芸家)
    ×
    丹波篠山(兵庫県)

    2015年9月30日更新

    縁あってある土地に巡り合い、自分らしく暮らしている。そんな人を訪ねて、その地の魅力や生活、日々の思いを聞いてみます。

    続きを見る

どうして、いま輝いているの?

「元気なまち物語」

report

  • 兵庫県・豊岡市
    海と山とまちの資源をあわせもつ
    兵庫県北部の中核都市「豊岡」発が
    いま、おもしろい。

    2017年1月5日更新

    兵庫県最大の面積をもつ豊岡市は平成17年に県北東部の1市5町が合併してできました。
    それぞれのまちが持つ特徴ある地域資源に注目して、豊岡の魅力を再構築しようという取り組みが熱を帯びています。

    続きを見る

  • 島根県大田市
    甦った町並みでの仕事と暮らし、
    そして神楽が人とまちを結ぶ。

    2016年7月1日更新

    島根県の中央部にある大田市。
    その山間部にある人口約400人の大森町と石見神楽を切り口に、遠隔地の元気づくりを探訪してみましょう。

    続きを見る

  • 茨城県結城市
    若い力でまちと人をつなぎ、
    「まちの後継者」をつくる。

    2016年4月28日更新

    「歴史と伝統はあるけれど、最近少し寂しい」。
    こんなまちの元気づくりが、若者たちの手で始まっています。

    続きを見る

  • 兵庫県・淡路島
    仕事をつくり、島と生きる人を増やす。

    2016年1月29日更新

    その地域の資源や魅力を「仕事」というかたちにし、雇用を生み出すプロジェクトが、淡路島で展開されています。

    続きを見る

  • 岡山県真庭市
    身近にあった宝物が
    「このまちで暮らす幸せ」を運んでくれた。

    2015年10月30日更新

    その土地に眠る休眠資産を掘り起こすことで地域経済とコミュニティーの再生をはかる「里山資本主義」。

    続きを見る

  • 長崎県佐世保市
    このまちを未来に残したい。
    新しい商店街づくりに挑戦した「栄・常盤地区」

    2015年8月11日更新

    今回フォーカスするのは、日本一長い「さるくシティ403アーケード」の西の終点近くにある「栄・常盤地区」です。

    続きを見る

ようこそ、マリモリビングオープンキャンパスへ学長メッセージ 開校のごあいさつ

マリモWEB大学の新着情報をtwitterで受け取る
marimo_living